病院情報の公表

平成28年度 函館脳神経外科 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 18 31 54 106 197 461 608 595 127
退院患者さんの人数を 10歳刻みの年齢階級別に集計しています。年齢は入院時の満年齢です。

当院の入院患者さんは、70歳以上の占める割合が全体の60%を超え、ご高齢の患者さんが多くなっています。
また、40歳代以下の比較的若い世代は約10%でした。脳卒中を中心に、頭部外傷や脊椎疾患等、幅広い年齢層の方へ医療を提供しております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
当院は次年度よりDPC参加予定のため、今年度の実績はありません。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - -
大腸癌 - - - - - -
乳癌 - - - - - -
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌と呼ばれる胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の患者さんの数を集計しています。 ※10症例未満の場合は「-(ハイフン)」
【UICC病期分類】国際対がん連合によって定められた、癌の進行度を分類する方法です。

当院では、いづれも10症例未満でした。
専門外の疾患については、地域の医療機関と連携して治療を行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 - - -
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
市中肺炎(しちゅうはいえん)とは、普段の社会生活を送っている中で罹患した肺炎です。※10症例未満の場合は、「-(ハイフン)」

当院では、いづれも10症例未満でした。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 28 7.21 64.68 0
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 582 27.38 74.87 16.5
その他 127 27.38 74.83 3.67
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 38 18.13 70.03 5
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
入院中に医療資源を最も投入した傷病名のICD10コードで集計しています。 ※10症例未満の場合は、「-(ハイフン)」
【ICD10コード】死因や疾病の国際的な統計基準として世界保健機関(WHO) によって公表された分類コードです。

一過性脳虚血発作とは、脳に行く血液の流れが一過性に悪くなり、運動麻痺や感覚障害などの症状が現れ、24時間以内、多くは数分以内にその症状が完全に消失するものをいいます。脳梗塞の前触れとして重要な疾患です。
当院は、脳梗塞の患者さんを積極的に受け入れ、治療実績数は道内1位です。
救急患者さんの受け入れは、24時間365日万全の体制を整えています。また、超急性期脳梗塞へは、脳血管内治療の専門医を中心に、t-PA治療(血栓溶解療法)や脳血管内治療(血栓回収療法 等)を行い、迅速かつ高度な医療を提供し、早期回復に努めております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 等 73 2.58 17.41 5.48 79.6
K1426 腰椎椎弓形成術 等 63 6.9 19.56 4.76 69.03
K1771 脳動脈瘤頚部クリッピング 等 48 1.42 22.48 8.33 63.69
K1781 脳血管内手術 等 30 3.93 30.6 6.67 67.93
K609-2 経皮的頚動脈ステント留置術 等 30 10.63 22.37 10 72.4
脳神経外科では、緊急を要する脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)、社会の高齢化により増加している脊椎疾患(脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、後縦靭帯骨化症 等)を中心に、専門医による高度な外科的治療を行っています。脳血管手術やステント留置術等、患者さんへの侵襲が少ないカテーテルによる手術も多く、社会復帰が早いのも大きな特徴です。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 等 30 1.27 1.87 3.33 72.87
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 等 - - - - -
K596 体外ペースメーキング術 - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
循環器内科では、脳梗塞患者さんに発生する頻度の高い、心疾患や下肢の動脈硬化症に対する治療を積極的に行っています。脳神経外科との連携で、早期発見と早期治療、再発防止に努めています。

 ※10症例未満の場合は、「-(ハイフン)」
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
当院では、手術や処置などを行う際、起こりうる合併症について事前に十分な説明を行っています。また、感染対策チームを中心に院内感染の防止に努めています。

 ※10症例未満の場合は、「-(ハイフン)」
更新履歴