病院情報の公表

令和3年度 函館脳神経外科 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - - 30 90 176 276 598 495 154
令和3年度に当院を退院された患者さんを年代別に集計しています。(年齢は入院時の年齢) ※「-」は10症例未満

当院は函館市内だけでなく、渡島・檜山地方をはじめとした広い地域から患者さんを受け入れています。
急性期の脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)患者さんを多く診療しており、脳卒中を発症しやすいと言われている60歳以上の割合が、全体の約80%を占めています。
年代別では70歳代が約30%と最も多くなっており、次に80歳代、60歳代と続いています。
前年度と比較すると60歳代が減少していますが、全体的に患者数は増加しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 136 20.36 15.57 6.62 71.69
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 74 17.46 9.78 10.81 78.39
010060x2990211 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 1あり 発症前Rankin Scale 0、1又は2 73 21.68 17.61 13.70 76.74
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 71 40.59 18.90 39.44 75.75
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 71 6.63 4.92 0.00 73.24
脳神経外科の入院患者さんを疾患別に集計し、上位5つを挙げています。

当院で最も治療実績の多い疾患は脳梗塞であり、地域の医療機関からも多くの症例をご紹介頂いております。当院では24時間体制で受け入れを行っており、早期発見・早期治療、365日体制のリハビリにて患者さんの機能回復に努めています。
その他、脳挫傷・硬膜下血腫などの重症頭部外傷や、脳出血、めまいなど様々な疾患に対して適切に診断・治療を行っています。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 2.94 5.32 0.00 75.06
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1 あり - - 2.03 - -
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1 なし、1,3あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 10.24 - -
050050xx9920xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 2あり 手術・処置等2 なし - - 3.27 - -
050070xx9700xx 頻脈性不整脈 その他の手術あり 手術・処置等1 なし、1,3あり 手術・処置等2 なし - - 11.37 - -
循環器科の入院患者さんを疾患別に集計し、上位5つを挙げています。 ※「-」は10症例未満

閉塞性動脈疾患は主に下肢の動脈がつまる病気で、血栓が飛んで動脈が閉塞する動脈塞栓症や、動脈硬化によって血管が閉塞する閉塞性動脈硬化症などがあります。バルーンカテーテルやステントを用いて治療を行います。
2022年1月に循環器科の医師が退職したため、診療体制を調整中です。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - -
大腸癌 - - - - - -
乳癌 - - - - - -
肺癌 - - - - - -
肝癌 - - - - - -
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌と呼ばれる胃癌・大腸癌・乳癌・肺癌・肝癌の治療目的で入院された患者さんを集計しています。 ※「-」は10症例未満

UICC TNM分類とは、国際対がん連合により定められた癌の進行度を分類する方法です。
当院は脳神経外科の患者さんを主に診療しているため、いずれも10症例未満でした。
当院での検査等で専門外の疾患が疑われた場合には、地域の専門医療機関を紹介しております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 - - -
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
市中肺炎の治療目的で入院された患者さんを集計しています。 ※「-」は10症例未満

市中肺炎とは普段の社会生活を送っている中で罹患した肺炎のことで、入院後に発症した肺炎は除きます。
当院では、脳卒中の後遺症で嚥下機能障害のある患者さんが肺炎を併発して、入院治療が必要になるケースがあります。
今年度は中等症に分類される患者さんが1件、重症に分類される患者さんが3件でした。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 573 29.98 77.14 19.15
その他 59 22.93 76.14 0.79
脳梗塞の治療目的に入院された患者さんについて、患者数・平均在院日数・平均年齢・転院率を集計しています。

当院は道南地区において最も多い治療実績を有しています。脳神経外科の救急指定を受けており、24時間体制で患者さんの受け入れを行っています。脳梗塞の患者さんの約9割が急性期(発症3日以内)の患者さんであり、その中でも超急性期の脳梗塞に対してt-PA静注療法(血栓溶解療法)や脳内血管内治療(超急性期再開通療法)などの先進的な治療を取り入れ、看護師や検査技師と連携し迅速かつ高度な医療を提供しております。
また、当院では発症当日より365日体制でのリハビリテーションを行っており、脳梗塞による後遺症や筋力・体力の低下を軽減できるよう努めています。
そのほか栄養管理をはじめ、患者さんの全身状態の改善に多職種(看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・管理栄養士)で連携し、一丸となって取り組んでいます。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 76 2.79 18.36 13.16 76.62
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(椎弓形成) 71 3.58 16.27 1.41 70.61
K1781 脳血管内手術(1箇所) 46 2.07 24.04 10.87 68.30
K178-4 経皮的脳血栓回収術 35 1.06 44.00 45.71 81.83
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 33 1.24 16.33 0.00 64.55
脳神経外科で実施した手術を集計し、上位5つを挙げています。

当院で最も多く行われた手術は慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術で、頭部打撲をきっかけに脳と頭蓋骨の間に溜まった血腫を取り除く手術です。次いで、脊柱管狭窄症に対して神経の圧迫を取り除くために行う椎弓形成術が多くなっています。そのほかにも、くも膜下出血やその原因となる動脈瘤の破裂を防ぐために、コイルを用いて行う脳血管内手術や脳動脈瘤の根もとにクリップをかけ血流が動脈瘤に入るのを防ぐ脳動脈瘤頸部クリッピング、発症して間もない(概ね8時間以内)の脳梗塞に対して、動脈を塞いでいる血栓を回収し血管を再開通させる経皮的脳血栓回収術など、脳血管疾患をはじめとした多くの症例に対して手術を行っています。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 17 0.94 1.00 0.00 75.06
K597-2 ペースメーカー交換術 - - - - -
K597-3 植込型心電図記録計移植術 - - - - -
K597-4 植込型心電図記録計摘出術 - - - - -
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) - - - - -
循環器科で実施した手術を集計し、上位5つを挙げています。 ※「-」は10症例未満

当院で多く行った手術は、下肢の血流障害に対してカテーテルやステントを用いて治療を行う血管拡張術・血栓除去術です。
2022年1月に循環器科の医師が退職したため現在は循環器科の手術は行っておりませんが、早急に診療体制を整え手術などのよりよい治療を行えるよう調整中です。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
入院中に医療費を最も要した傷病名と入院の原因となった傷病名が同一か異なるかを集計しています。 ※「-」は10症例未満

上記にある疾患は重症な感染症や手術による合併症としてみられるものです。
今年度は敗血症が原因で入院した症例が1件、過去の手術・処置等の合併症が原因で入院した症例が3件でした。
当院では手術・処置を行う際には、細心の注意を払い合併症の予防に努めています。
更新履歴
2022/10/1
初版作成